もの造りサポーティングサイト FA Ubonは、スズデン株式会社が運営する通販サイトです

測域センサ YVT-35LX データ出力タイプ

【北陽電機】

測域センサ YVT-35LX データ出力タイプ

●3次元測域センサ(3D LiDAR)
水平、垂直方向にレーザ光をスキャンして広範囲に照射、測距します。
●1周期2590点の豊富な点群データを出力し、インタレース機能により点群数を増やして解析度を上げる事が可能です。
●IMUセンサやPPS入力など便利な機能も充実しています。

<特長>
●測距原理にはパルス光によるTOF方式を採用しています。
●3次元の広範囲にレーザ光を照射し、2次元では計測が難しかった幅、奥行き、高さを測距します。


詳しくは、メーカーHPへ

測域センサ YVT-35LX データ出力タイプ

用途事例

用途事例用途事例(2)用途事例(3)
YVT-35LX 製品仕様
名称3次元測域センサ (3D LIDAR)
型式YVT-35LX
光源半導体レーザ 波長=905nm
この製品はレーザー安全クラス1製品です。(Class 1 Laser Product)
電源10−30VDC(12V消費電流 :起動時1.5A/通常時0.7A)
水平走査角度210度以上 ピッチ6度   精度±0.125°
垂直走査角度40度 (-5度〜35度)     精度±2°
データ点数(分解能)2590点以上 (インターレースなし、20fps)
518000点以上 (インターレースHDモード、0.1fps)
インターレース水平:最大 20 倍 HDモード:水平 20 倍 × 垂直 10 倍
検出距離水平走査 -45°<θ<45°      0.3-35m(白紙) 0.3-11m(黒紙 反射率10%)
-75°<θ<-45°,45°<θ<75°  0.3-20m(白紙) 0.3- 6m (黒紙 反射率10%)
θ<-75°,75°<θ 0.3-10m(白紙) 0.3-3m (黒紙 反射率10%)
※上記は垂直走査の上向き15°(垂直走査中心)での値
 上向き35°、下向き-5°では上記の70%に減衰する。
測距精度(周囲25℃時)中央  白紙15m以下:±50mm
白紙15m~  :±100mm
繰り返し精度(周囲25℃時)中央  白紙15m以下:σ< 20mm
白紙15m~  :σ< 35mm
検出エコー数最大4 echoes
水平走査速度20Hz
垂直走査速度1200Hz
入出力PPS入力 1点、 同期出力 1点
インタフェースEthernet(TCP/IP)  100BASE-TX(Auto-negotiation)
構造IP67(無通電)  水中使用不可
重量約650g
大きさ70mm×106mm×95mm(W×D×H)
温度/湿度-10〜50℃ 85%以下(結露をしないこと)
振動印加周波数/加速度: 10〜57.5Hz /複振幅1.5mmp-p 
57.5Hz〜150Hz /98m/s2 (10G)
掃引速度: 1 octave / min (3.9sec / sweep)
耐久時間: 上下/前後/左右 各2H(動作、耐久共に)

※電源ケーブルとEthernetケーブルは別売りです。オプション項目よりご選定ください。
(注)電源を入れてから40秒程度はウォーミングアップ時間です。ウォーミングアップ中は距離データが出力されません。
  また、垂直走査が安定するまで2~3分ほどの時間が必要です。
(注)精度データは検査成績書を参照してください。出荷時のテストは 正面方向のみです。
  方向により検出距離と精度が低下する可能性があります。また、上記記載の精度は周囲温度25℃での値です。
(注)ファーストエコーで上方向を計測した際にノイズが検出されることがあります。
(注)きわめて反射率の低いものは中距離で検出できても近距離で計測できないことがあります。



YVT-35LX(本体)外形図

YVT-35LX(本体)外形図