もの造りサポーティングサイト FA Ubonは、スズデン株式会社が運営する通販サイトです

Fシリーズ 設備配電盤・装置専用異常検知システム

【日本フェンオール】

建屋の天井に設置された火災感知器では、装置や設備機械の火災の発見に時間がかかりますが、装置・設備盤内に直接小型火災検知器を設置することで内部の異常発煙・発火を早期に検知出来ます。

<主な実績用途>
・半導体製造装置、液晶・FPD製造装置、
 試験エージング装置、PV製造装置
・化学工場、石油精製工場、自動車工場、電力関係、
 電池製造工場の装置・設備盤内
・電気室内 配電盤・分電盤・制御盤、サーバーラック、
 電算室、風力発電(ナセル)、ケーブルピット

詳しくは、メーカーHPへ

Fシリーズ 設備配電盤・装置専用異常検知システム

高密度化する装置内の潜在リスクを最小限に抑えるF シリーズの特徴

万が一装置火災が発生すると装置の損傷はもとより、操業停止による経済的損失、企業イメージの低下等大きなダメージを受けます。超小型の煙検知器Fシリーズは重要な装置( システム) を火災から守ります。
装置内部の異常を検知し火災を未然に防ぐ事を目的に小型化したことで、これまで設置できなかった狭い場所、特に装置内部の火災早期検知が可能になりました。

(1)超小型

外形わずかΦ28㎜×57㎜の世界最小クラス
狭い場所でも取付け取外しが簡単な差し込んで回す方式を採用しました。わずかなスペースにも設置が可能となりました。(日本フェンオール社従来品に比べ、取付面積1/16、容積1/10、質量1/5)

(2)超高感度

標準感知器の50 倍の超高感度0.1%/m
装置内ケーブルなどの電気火災の進展状況は、接触不良等の原因によりケーブルなどが加熱され軟化し、その後発煙が始まり、しばらく経過した後発火に至ります。これまでの煙感知器はこの発煙を検知するのが普通でした。しかしこの検知器は超高感度なため、発煙前のケーブルが軟化するときに発生する、透明なベーパー(可塑剤等)をいち早く検知しますので、火災を未然に防ぐ事を可能にしました。

(3)煙流入性

垂直構造採用で煙の流入をいち早くキャッチ
従来の煙検知器の煙の動線は天井面に対して水平でしたが、今回開発した煙検知器は煙の動線構造を業界で初めて垂直にしました。垂直にすることで、電子部品の発熱により、気流の煙突効果を促進し、異常時に生じた煙をより早く確実に煙検知器内部にとらえる事ができるのです。

(4)アドレス機能

煙・熱検知器を混在可能
制御ユニットに接続する検知器それぞれにアドレスを設定可能なので、検知場所をすばやく特定することができます。

種別姿型番感度出力仕様





FC1-DY ※1
FC1-HY ※ 1
標準設定:5%/m
設定可能範囲:
0.5~15%/m※3
設定単位:0.5%/m
・アラーム接点(C)
・トラブル接点(C)
・電源断接点(B)
・通信(232) ※4
電源投入後、接点が
正常監視状態になるまで
最長2分かかります。
定 格: DC24V 0.5A
使用電圧範囲: DC24V ± 10%
接続可能検知器数: 最大31 個
外部配線抵抗: 往復10 Ω以下
(制御ユニット—検知器間)
警 報: 電子ブザー アラーム時 連続音
トラブル時 断続音
質 量: 約420g
使用温度範囲: 0℃ ~60℃
保存温度範囲: -20~70℃
使用湿度範囲: 30~85%RH
(結露無きこと)
標準設定:70℃※3
FC1H-DY ※2
FC1H-HY ※ 2
標準設定:0.1%/m
設定可能範囲:
0.05~5.00%/m※3
設定単位:0.05%/m
標準設定:70℃※3
FC2※1標準設定:5%/m
設定可能範囲:
0.5~15%/m※3
設定単位:0.5%/m
・アラーム接点(C)
・トラブル接点(C)
・通信(232) ※4
電源投入後、接点が
正常監視状態になるまで
最長1分かかります。
定 格:DC24V 0.5A
質 量: 約450g
外部配線抵抗:往復13 Ω以下
その他の仕様はFC1 シリーズと同様
標準設定:70℃※3











F11-Y1-XX※1
(XX:アドレス)
使用可能範囲:3~ 10%/m
※5
制御ユニット経由
による出力
定 格: DC24V 0.5mA (Y1), 1mA (Y05,Y01)
使用電圧範囲: DC16V~DC30V
(F11-Y01 のみDC20.4~DC26.4V)
消費電流: 監視時0.35mA (Y1), 0.8mA (Y05,Y01)
アラーム時0.45mA (Y1), 0.9mA (Y05,Y01)
状態表示灯: 赤色LED
監視時 約10 秒に1 回点滅
アラーム時 約2 秒に1 回点滅
トラブル時 消灯
復 旧: アラーム表示は自己保持
アドレス: 検知器毎にアドレスを記録
(有効アドレス01~31)
質 量: 約30g(検知器ベースを含む)
本体色: 白
使用温度範囲: 0℃ ~50℃ (Y1),
-10 〜 50℃ (Y05,Y01)
保存温度範囲: -20℃ ~70℃
使用湿度範囲: 30~85%RH
(結露無きこと)
F11-Y05-XX※1
(XX:アドレス)
使用可能範囲:0.5~5%/m
※5
F11-Y01-XX※2
(XX:アドレス)
使用可能範囲:0.1~0.5%/m
※5



F21A-Y1-XX
(XX:アドレス)
使用可能範囲:10~90℃
※5
制御ユニット経由
による出力
定 格: DC24V 1mA
質 量:約26g ( 検知器ベースを含む)
アラーム設定値: 70℃ 補償率方式
状態表示灯、温度範囲はF11-Y1 と同様

※ 1 検知器 F11-Y1-XX, F11-Y05-XX は、制御ユニット FC1-DY, FC1-HY または FC2 に接続できます。
※ 2 検知器 F11-Y01-XX は、制御ユニットFC1H-DY, FC1-HY に接続できます。
※ 3 工場出荷時に設定。
※ 4 オプション:別途専用ケーブル、専用ソフトが必要です。
※ 5 接続する制御ユニットの設定によります。